アニメ「デカダンス」全話フル無料動画を視聴する方法!アニメの見どころ・感想・あらすじを紹介!

今回は、2020年7月にアニメ放送されたアニメ「デカダンスを無料で視聴出来る配信サービスの紹介、作品の全話あらすじや見どころ・感想を紹介していきたいと思います。

↓アニメ『デカダンス』を無料視聴するなら↓

サービス名 月額 / 無料期間 配信 公式HP
U-NEXT 1,990円 / 31日間
今すぐ見る

アニメ「デカダンス」全話無料で視聴する方法

 

アニメ『デカダンス』を無料でフル視聴できる動画配信サービスを調べてみました。多くの配信サービスで配信されており、無料期間もあるので、この期間を利用して『デカダンスを無料で視聴することが出来ます。 

サービス名 月額 / 無料期間 配信 公式HP
1,990円 / 31日間 今すぐ見る
888円 / 14日間 今すぐ見る
500円 / 30日間 今すぐ見る
933円 / 14日間 今すぐ見る
400円 / 31日間 今すぐ見る
960円 / 31日間 今すぐ見る

2020年9月時点の情報ですので、詳細は公式HPでご確認お願いします

上記にて紹介している配信サービスの無料トライアル期間を利用することで、「デカダンス」を全話無料視聴をすることが出来ます。

どのサービスでも十分に楽しむことが出来ますが、動画配信サービスを初めて利用しようと考えている方には、U-NEXTをおすすめします。

無料トライアル期間後の月額料金は高めですが、アニメの配信数も他のサービスに比較しても申し分なしです、さらに、ドラマ、映画、漫画、雑誌といったコンテンツが非常に充実しています。

まずは、動画配信サービスとは、どんなサービスなのかを理解するには、まずは、U-NEXTの31日間の無料トライアルを登録して、様々なコンテンツを楽しんでみる。

アニメだけ視聴で充分、もっと安いサービスに切り替えたいのであれば、31日以内に解約すれば、料金が一切発生しません

どの配信サービスにすれば良いのか迷っている方は、U-NEXTをおすすめしています!!

U-NEXTの無料お試し期間を利用すれば、アニメ「デカダンス」を全話(第1話から最終話)無料視聴することが出来ます。
さらに、無料お試し期間中に600ポイントがプレゼントされるので、漫画、雑誌、映画等の新作作品を無料で視聴できる、大変お得のサイトになっています。
↓初月は無料トライアル期間↓

アニメ『デカダンス』作品紹介

放送期間 2020年7月~9月
話数 全12話
原作 DECA-DENCE PROJECT
制作 NUT
キャスト・声優 カブラギ:小西克幸
ナツメ:楠木ともり
ミナト:鳥海浩輔
クレナイ:喜多村英梨
フェイ:柴田芽衣
リンメイ:青山吉能
フェンネル:竹内栄治
公式サイト TVアニメ「デカダンス」公式サイト
twitter アニメ「デカダンス」公式


TVアニメーション、劇場版と大ヒットを記録した「幼女戦記」を制作した新進気鋭の実力派スタジオ《NUT》が満を持して放つ完全新作オリジナルTVアニメーションがついに動き出す!国内外の興行収入で100億円を超える大ヒットを記録した「劇場版名探偵コナン ゼロの執行人」や自身の原作である「デス・パレード」などで監督を務め、国内のみならず、世界からも注目されるアニメーション演出家《立川譲》と「BANANA FISH」、「ヴィンランド・サガ」など、大型の話題作を次々と手掛ける若手No.1脚本家《瀬古浩司》のゴールデンコンビが、人気TVアニメーション「モブサイコ 100」に続き、再びタッグを組む! 有名クリエイターたちも数多く参加し、豪華絢爛なスタッフたちによって、圧倒的なスケールで描かれる衝撃SFアクション巨編が今、幕を開ける!

出典:公式サイト

アニメ『デカダンス』見どころ

20代女性

近未来的な世界観の中で、サイボーグと人間との関わりを描いた作品として、ダイナミックなストーリーと繊細な心情変化がうまく両立していて、見ていて飽きません。見どころとしては、とにかくカブラギがかっこいいところです。サイボーグであるカブラギが、人間であるナツメに救われてから、生きることの目的を見つけて、困難に立ち向かい奮闘する姿は、とても凛々しく心をつかみます。毎回、想像を越えた難易度の障壁に行く手を阻まれますが、それでも諦めずに最後まで駆け抜けたカブラギの勇姿は、ぜひたくさんの方に見届けていただきたいです。

50代男性

第一話で形造られた世界観(荒廃した世界、襲来する謎の生物ガドル、迎え撃つ巨大な移動要塞「デカダンス」と戦士たち)が全て作りものであったとの事実が第二話で早くも知らされてしまいます。 リアル感溢れるデカダンス世界の登場人物が実は虚構であり、観る者が感情移入しそうもない安っぽいアバター社会が現実なのだという逆転から物語が始まるわけですが、その後の展開は予想を裏切るものであり、最後まで面白く観る事ができました

20代男性

まず2話目の冒頭で視聴者の予想を覆す、これまでのアニメにはない世界観であることが分かります。1話目ではその世界観であることが全く触れられていない為、その意外性に引き込まれると思います。人間がゲーム世界に入り、冒険する物語は数多くある中、デカダンスの世界観は人間が少数しか生存しておらず、サイボーグが世界に多く暮らしています。そのサイボーグがゲームにログインすることで、現実世界に本体の機械の身体とは別のアバターの姿になることが出来、人間とアバターの姿で冒険をする独特な世界観となっています。どの人間もサイボーグに管理されている中、管理の及ばないバグ扱いされた女の子「ナツメ」という女の子が「カブラギ」というサイボーグとの交流で心身共に成長していく姿や2人の関係性が見どころです。また作画も良いので、戦闘シーンのキャラの動きや、デカダンスという巨大な戦闘機?のアクションも見どころの一つだと思います。

20代男性

デカダンスを制作している「NUT」は戦闘シーンでかなりの高評価である「幼女戦記」を手掛けていました。この「NUT」の作画や動きはダイナミックで迫力があります。ストーリーでは1話目と2話目で印象が大きく変わり、リアルタイムでみていた視聴者は「え!?」となる展開でした。その後失速することがなく、素晴らしい世界観と楽曲でデカダンスを表現しているところが見どころです。ストーリーももちろんですが、総じてアニメのクオリティが高いのでアニメ好きであればあるほど受ける作品でもあるかと思います。

20代男性

現状の環境に不満を持ち自分を変えたいと願う主人公となるキャラクターが、未知の外敵からの攻撃を受けピンチになる一話から話は始まる。王道の導入、実際海外の視聴者は「進撃の巨人」の様な作品になると思って楽しみにしていた様だが、二話目にしてその予想は一転、大きく外れることとなる。閉じられた小さな世界のディストピアから一転、手塚作品などにもみられそうな進みすぎた人類の機械仕掛けのディストピアへ。その両面的なディストピア世界におけるW主人公の交流から、両者が救われていく構造になっている。基本的に主人公に訪れるのは逆境の連続、それを諦めない心で打破する。その爽快さに勇気づけられる熱いアニメだ。

アニメ『デカダンス』感想・評価

アニメ『デカダンス』の感想・評価についての声を集めてみましたので紹介します。

https://twitter.com/bAhJu3guguTclD6/status/1309090918658641921

アニメの感想・評価

男性1

ストーリーはとても壮大で、しっかりと舞台設定がなされていると思います。ただ、壮大すぎて、少し駆け足気味に感じました。

男性3男性3

本当に面白かった。これ以上にない終わり方だったと思います。

女性1

オリジナルアニメ作品としては上々の出来。主要キャラの心理描写に良い意味に人間らしさを感じた。熱さもあり、作画も素晴らしい。

アニメ『デカダンス』注目のアニメキャラクターを紹介

ナツメ

【30代男性】陽気でちょっと天然なキャラではありますが、幼い時に父親を殺され、自分も右手を失うという悲惨な過去を持ったヒロインです。 その上子供の頃からの夢だった戦士の道を断たれてデカダンス装甲修理人を職業として命じられるという、何の希望も持てそうもない逆境を経験することになります。 しかし彼女はあきらめず、最後には持ち前のひたむきさで世界を救うことになります。 単なる根性人間とは違って人を思いやるこまやかな感情を持ち、人に勇気を与えることのできる良いキャラクターだと思います。 

【20代男性】ナツメは片腕を失っていますが、とてもポジティブで感性豊かなキャラクターでもあります。加えてナツメを担当している声優さんが「楠木ともり」さんということでこれから人気に火が付く声優なのは間違いありません。元々デカダンスはキャラデザが少し特徴的です。ですが、それでもナツメのあどけない可愛さが感じられるのは動きの精密さと楠木ともりさんの演技力と声質にあります。個人的に楠木ともりさんの声質が好きなこともあるかと思います。それ以上にナツメが世界に惑わされず自分を貫き通す姿勢に感動しました。

【20代男性】ナツメは日々狭い世界で生きる自分に自信が持てず、そんな自分を変えたく厳しく困難な闘いの道に自ら進んでいく。
自ら変わりたいエネルギッシュなキャラクターで、その素直さが大変かわいらしいヒロインだが、話では第二主人公となる。
今の若い人たちの「大層なご題目より」まず自分の肯定「何者かになる」という願いに共感してしまう。
現実でもヘタレてしまう中、頑張ることを前向きにしてくれる良いキャラクターだ。

カブラギ

【30代女性】前半では、デカダンスにログインしている時のアバターである、人型のカブラギが多いですが、後半から多く登場するサイボーグのカブラギが可愛いです。基本的に、サイボーグサイドの登場キャラクターはすべて、背の低いコロッとしたフォルムの愛らしい姿ばかりですが、それゆえに、見た目と中身のギャップが面白い。特にカブラギは、性格が真面目で冷静沈着、でも熱い男なので、あの可愛い姿を、小西克幸のシブイ声が演じてくれるところが、他にはない良いキャラクターになっていると思います。

【20代男性】死を望んでいたサイボーグの「カブラギ」、前線に立つ事を夢見ているが、片腕しかなく戦場に立つことすら出来なかった人間の「ナツメ」
二人が出会うことで、心情が変化していき、「ナツメ」の為にシステムに反発していく「カブラギ」の姿や、
サイボーグとは知らないながらも、機械の腕を取り付け前線に立てるようになり、「カブラギ」に信頼を置いていき、二人の関係が非常に深いものとなります。この二人の関係性は、途中涙が出そうになるシーンもありつつ、非常にお気に入りのキャラクターの二人です。

【20代男性】カブラギはとても広い世界(ゲーム空間)で日々終わらない繰り返される日常を過ごしている。
そんな世界でもしかしたら「ナツメ」のように自分も本気で生きられるのでは?と希望を見出し救われていく。
こちらも今の若者たちが悩む「毎日毎日繰り返されるマンネリ」にうんざりしてしまう心にとてもフィットする。
現状を変えるために何を変える勇気をくれるキャラクターだ。

↓初月は無料トライアル期間↓

アニメ「デカダンス」全話あらすじ

第1話 「ignition」

遥か未来、未知の生物《ガドル》の侵攻によって絶滅寸前へと追いやられた人類は、移動要塞《デカダンス》内部で暮らしつつ、必死の抵抗を続けていた。幼い頃から戦士に憧れて育った少女・ナツメは、現実主義者で無気力な装甲修理人・カブラギの元へと配属され、清掃に追われる日々を送る。そんなある日、作業中に《ガドル》との戦闘に巻き込まれてしまったナツメが見た光景は、次々と《ガドル》を倒していくカブラギの姿だった。

公式サイトより

>アニメ『デカダンス』いつでも全話無料見放題<

第2話 「sprocket」

凄まじい力で《ガドル》たちを倒すカブラギと、生まれて初めて体験する戦場に放心状態のナツメ。その一方で、ナツメたち人類には隠された世界の正体が明らかになり……

公式サイトより

第3話 「steering」

カブラギの指導により、《ガドル》との戦い方を学んでいくナツメ。かつて一流の戦士だったカブラギの厳しい特訓にもめげず、ナツメは短期間で飛躍的な成長を遂げていく。

公式サイトより

第4話 「transmission」

逃げ出したパイプを追って戦場へと飛び込んだナツメは、初めて《ガドル》と戦うことに。最初こそパニックに陥るナツメだったが、すぐにカブラギの教えを思い出し……。

公式サイトより

第5話 「differential gear」

必敗の戦いが幕を上げる。”かの力”の戦士らとともに出撃するナツメだが、チート級の《ガドル》の前に手も足も出ない。そんな絶体絶命のピンチを、カブラギが救う。

公式サイトより

第6話 「radiator」

《ゲーム警察》に捕まったカブラギは、バグ認定されたサイボーグが収容されるバグ矯正施設へと送られる。
そこで再会したのはバランサー時代の僚友、ドナテロとターキーだった。

公式サイトより

>アニメ『デカダンス』いつでも全話無料見放題<

第7話 「driveshaft」

ナツメに会うためにデカダンスへとログインするカブラギ。しかしそこは激しい戦場となり、ついにタンカーたちの居住区まで《ガドル》の侵入を許してしまう。

公式サイトより

第8話 「turbine」

ドナテロたちの協力を取り付けたカブラギは、《ガドル》工場破壊のために再びデカダンスへとログインする。しかし警戒を強める《ゲーム警察》が立ちふさがって……。

公式サイトより

第9話 「turbocharger」

シールドを突破し、《ガドル》工場への潜入に成功したカブラギとナツメ。ところがターキーの裏切りにより、そこには《ゲーム警察》のフギンとムニンが待ち構えていた。

公式サイトより

第10話「brake system」

すべての《ガドル》が死んでいくなか、デカダンスの正体を知ったナツメは大きなショックを受ける。カブラギはさらに《システム》自体のシャットダウンを試みるが……。

公式サイトより

第11話  「engine」

《ゲーム警察》に襲われ、間一髪のところでカブラギに救われたナツメ。しかし新たに出現した《ガドル》とデカダンスの激しい戦闘が始まり、再び総力戦へと突入することに。

公式サイトより

第12話「decadence」

デカダンスと超巨大《ガドル》との最終決戦が始まった。火力不足で劣勢に追い込まれるデカダンスの前に現れたのは、ドナテロらゲームプレイヤーたちだった。

公式サイトより

>アニメ『デカダンス』いつでも全話無料見放題<